情報セキュリティ監視 | Secudium MSS

ICT技術の発展に伴い、企業や機関をターゲットにしたサイバー脅威はますます増え続け、巧妙化しつつあります。これらの脅威に迅速かつ的確に対応するためには、専門的で多様な経験を持つセキュリティ監視サービスが必要です。企業はセキュリティ監視の専門サービスを通じて、サイバー脅威に効果的に対応し、セキュリティの脆弱性対策とサービス運用のための安全な環境を確保することができます。
情報セキュリティ監視サービスは、様々なセキュリティシステムから発生するログとイベントを収集し、巧妙化したサイバー脅威を検出/対応します。SKインフォセックは、韓国No.1のセキュリティ監視事業者として長年のセキュリティ監視経験とノウハウを基に、企業のビジネス環境を24時間365日安全に保護します。

Features

韓国No.1のセキュリティ監視

  • ノウハウ 公共/金融/通信/教育など産業群別の約2,000以上の企業を対象としたセキュリティ監視サービスの実績を保有
  • セキュリティ監視のフレームワークを保有
  • 検証された独自のセキュリティ監視方法論であるISMMを保有

セキュリティ監視の専門人材及び能力

  • セキュリティ監視及びインシデントに対応できる専門人材を業界最大レベルで保有
  • インシデント対応のエキスパート(TOP-CERT)
  • プロジェクト管理組織(Virtual PMO)の運営を通じた知識サービス能力を保有
  • 専門フォレンジックツールによるインシデント対応の分析

セキュリティ・ソリューションの統合管理

  • セキュリティ監視ベースの運用システムを提供
  • 障害モニタリング及び管理システムを提供

主要サービス

クラウド監視
様々なクラウド環境にインストールされたセキュリティ・ソリューションについて、侵害予防活動、モニタリング及び分析、対応、報告などのセキュリティ監視サービスを提供します。オンプレミス(On-premise)環境と同様なレベルの迅速かつ的確なサービスを提供するため、企業は自社保有システムだけでなく、クラウド環境上に構築されたシステムまでサイバー脅威に効果的に対応することができます。
AWS WAF監視
検証されたクラウドセキュリティ監視プラットフォームとグローバルレベルのセキュリティ専門家グループ(EQST)を通じて、リアルタイムの脅威モニタリングと検出、アラート通知などAWS WAFサービス監視/運用に必要なセキュリティサービスを提供します。
派遣監視
監視の専門人材の派遣を通じて、企業がITインフラ及びセキュリティシステムを効率よく運用することができるように最適化されたセキュリティ監視サービスを提供します。企業内に常駐しながら運用環境及びシステムなどを的確に分析/モニタリングし、企業に最適化されたセキュリティ監視サービスを提供します。
リモート監視
独自のグローバルレベルのセキュリティ監視センターを通じて、企業のセキュリティ・ソリューション及びシステムのインストール/連携から侵害予防活動、モニタリング及び分析、対応、報告などのセキュリティ監視サービスをリモートで提供します。企業はセキュリティ監視のために別途の専門人材やシステムの構築などなしに、リーズナブルなコストで簡単かつ迅速にサイバー脅威に対応することができます。
ハイブリッド監視
派遣監視とリモート監視の利点を併せ持ったサービスで、統合セキュリティ監視センターから確保した膨大な脅威情報と多数のセキュリティ専門家による分析サービスを提供します。

Related Resources

  • SKインフォセック、ベトナム最大の民営企業、ビングループ(Vin Group)と情報セキュリティ事業でパートナーシップ
  • - 19日、ビングループと情報セキュリティ子会社のビンCSSと、戦略的パートナーシップを締結。ベトナムの情報セキュリティ市場を攻略 SKインフォセックは19日午後、ベトナム・ホーチミンにあるビングループのランドマーク「81タワー」において、イ・ヨンファンSKインフォセック代表取締役と、トラクビンCSS代表取締役など両社の関係者が参加し、ベトナムの現地における情報セキュリティ事業協力を主要骨子とした戦略的パートナーシップを締結したと、20日に発表した。 ビンCSSはベトナム最大民営企業のビングループにおける情報セキュリティ部門の子会社である。ビングループ関連企業に係る情報セキュリティ事業に基づき、ベトナム内需市場においてビジネスの立地を拡大している。さらに、カンボジア、マレーシア、タイ、ミャンマーなど、アジア周辺国へそのビジネスを拡大していく計画を持っている。 本契約は、SKインフォセックのグローバル市場の拡大への意志と、ベトナム最大手の情報セキュリティ企業へ成長を遂げようとするビンCSSとの利害関係が一致したことで実現した。最近ベトナムは、情報セキュリティに対する政府の投資も拡大している。銀行や保険会社などの金融機関の需要も、毎年高まっている状況だ。これを受け、両社はSKインフォセックの専門的な情報セキュリティ事業能力と、多分野にわたる事業ネットワークを持つビングループの力が相乗効果をもたらすであろうと見通している。 SKインフォセックは年内に、ビンCSSセキュリティセンターに「総合セキュリティ監視プラットフォーム「Secudium」を構築し、技術移転と教育、運用、販売ノウハウを伝授する計画だ。ビンCSSはこれをベースに、ビングループ関連会社30カ所の情報セキュリティサービスを提供することで、ベトナムにおける顧客獲得に乗り出す。
ショートカット
  • SKインフォセック、グローバル事業に拍車をかける…グローバル企業Innovixとパートナーシップを締結
  • SKインフォセックが、世界でのセキュリティ監視事業にスピードを上げている。シンガポールのグローバル企業とのパートナーシップを相次いで締結し、市場攻略を急いでいる。8月にはコロケーション(Colocation)の世界的企業であるエクイニクス(Equnix)とパートナーシップを結んでおり、今回はサービス販売の活路をつくるために、グローバルITソリューション供給会社(Distributor)のInnovixと提携した。 SKインフォセックは16日、シンガポールのマリーナベイ・サンズのカンファレンスルームでカン・ヨンソクSKインフォセック事業開発本部長と、マーク・タン(Mark Tan)Innovixマネージング・ディレクター(Managing Director)など、両社の関係者が出席し、シンガポールでのセキュリティ監視や脅威インテリジェンスサービスに関する販売代理店事業権契約を締結したと、発表した。 今回の契約で、両社は営業、マーケティング、サービス運営をそれぞれ分担することになる。Innovixは、シンガポール内のセキュリティ監視や脅威インテリジェンスサービスの販売やマーケティング活動に取り組むことに、SKインフォセックは、8月、エクイニクス(Equnix)と協力してサービスを提供するためのSecudiumプラットフォームの構築を完了したことに続き、サービス担当者を配置した。顧客が確保される次第、サービス開始が可能になる。
ショートカット
  • SKインフォセック、日本へと事業拡大…日本最大の保険会社、SOMPOと提携
  • SKインフォセックは26日夕方、東京にある損保ジャパン本社において、アン・ヒチョルSKインフォセック代表取締役、布施康(ふせ・やすし)SOMPOリスケアマネジメント(Sompo Risk Care Management、以下「ソムポリスケア」)の代表取締役、両社の関係者などが出席し、日本国内におけるセキュリティサービス事業の立ち上げと協力を骨子とするパートナーシップ契約を締結したと、27日発表した。 今回の契約は、グローバル市場における事業拡大を図るSKインフォセックと、情報セキュリティ分野を戦略事業として育てていこうとするSOMPOとの利害関係があったからこそ実現した。年初に大きな被害が発生した仮想通貨取引所「コインチェック」のハッキング事件をはじめとし、2020年東京オリンピックを控え、日本国内でのサイバーセキュリティへの関心が高まっており、両社とも市場進出の適期と予想している。 今回の契約で両社は、日本国内での営業、マーケティング、セキュリティサービスの運用をそれぞれ分担する。SOMPOリスケアは、東京地域を皮切りに、日本全国でのセキュリティ監視と、脆弱性診断サービスの営業に打って出る。SKインフォセックは韓国内の統合セキュリティ監視センターで、それぞれのサービスをリモートで提供することになる。 一般的に、サイバーセキュリティ保険を販売している保険会社はセキュリティを損害査定の観点からアプローチするが、SOMPOリスケアの場合、セキュリティサービス事業に優先順位を置き、営業に乗り出す計画である。
ショートカット